Googleマイビジネスオーナー確認の手順と知っておくべき注意点

オーナー確認をしよう

Googleマイビジネスを運用していくためには、最初のステップとして、店舗の運営者であることを宣言する「オーナー確認」という作業を行う必要があります。
ここでは、Googleマイビジネスの「オーナー確認」の方法をご説明します。

Googleマイビジネスの「オーナー確認」とは

「オーナー確認」ができているビジネス

オーナー確認

「オーナー確認」ができていないビジネス

オーナーですか

1枚目の画像は、すでにオーナー確認が済んでいるGoogleマイビジネスです。
オーナー登録ができていないと、2枚目の画像のように①の部分に「このビジネスのオーナーですか?」と出てきます。
オーナー確認を行うことで、Googleマイビジネスでできるさまざまなことが利用、編集できるようになり、Google サービス上に掲載されるビジネス情報を正確に保持することができます。
オーナー確認が済んでいるビジネスは、お店としてもきちんと管理されているページだと認識しやすいため、ユーザーからの信頼も得やすいです。

また、オーナー確認には、別人がお客様のビジネスの代表者になりすますことを防止できる効果もあります。この確認を済ませないと、Google サービス上に表示されるビジネス情報を編集することはできません。
そのため、しっかりとGoogleマイビジネスのオーナー登録をしておきましょう。

「オーナー確認」の方法

PCで登録する方法

まず、自分の店舗のGoogleマイビジネスがオーナー登録できているのか確認しましょう。

Googleマップで自分のお店を検索し、Googleマイビジネス上に「ビジネスオーナーですか?」という表示があるか確認します。

ビジネスオーナーですか

上記のように「ビジネスオーナーですか?」と表示されている場合はオーナー登録ができていませんので、まずオーナー登録を進めていきましょう。
はじめに「ビジネスオーナーですか?」をクリックしてオーナー登録画面に進みましょう。

「管理開始」をします

管理開始

 

ビジネス名や住所を確認し、①の「管理を開始」をクリックします。

確認方法を選びます

 

確認方法を選びます

ここでオーナー登録を完了させるための本人確認コードを取得していきます。取得方法は上の画像にあるように3通りです。

①通話(電話)で取得する
②メールで取得する
③郵送(ハガキ)で取得する

この時、①の「通話」が選べる場合は「通話」での取得をおススメします。この方法が一番簡単で早くオーナー登録をすすめることができます。
青い通話ボタンをクリックすると、お店の番号にGoogleから自動音声電話がすぐにかかってきます。自動音声にて6桁の確認コードが流れるので、間違えないようメモをしておきましょう。

ただし注意点として、新店舗の場合は③の「郵送」しか選択できないことが多いです。「郵送」の場合は1~2週間程度でGoogleからハガキが届くので、そこから確認コードを取得する流れになります。

②の「メール」にて取得は、お店のホームページに独自ドメインを利用している場合、選択しとして選ぶことができます。
いずれかの方法で確認コードを取得できたら次へ進みます。

確認コードを入力します

 

確認コード入力

確認コードを取得出来たら6桁のコードを入力し、「確認」ボタンをクリックします。ハガキでの取得で時間があいてしまった場合はあらためてマイビジネスにログインしたうえで確認コードを入力してください。

オーナー登録を完了します

これでオーナー登録が完了しました。Googleマイビジネスを運用して店舗の魅力や最新情報を発信していきましょう!

その他の対応で登録する方法

ここからは、お店のGoogleマイビジネスを見たら「ビジネスオーナーですか?」が表示されていないというケースの対応方法を解説していきます。
こういった場合で考えられるのは以下のパターンとなります。


①違う方がオーナー権限を取得している場合

②ホームページ等の業者がオーナー権限を管理している場合
③ご自身でオーナー登録をしたものの、アカウントを忘れてしまった場合

①か②が考えられる場合、まず心当たりのある方にオーナー権限を持っていないかを確認する必要があります。
それでも「誰がオーナー登録したのか分からない・・・」という場合にはオーナー権限を再取得する方法がありますのでご安心ください。
ここからはその方法について説明していきます。

Googleマイビジネスにログイン

 

確認コード入力します

GoogleアカウントでGoogleマイビジネスにログインしましょう。

「ビジネス情報を管理」をクリックします

 

「ビジネス情報を管理」をクリックしますビジネス情報管理

「ビジネス情報を追加」をクリックします

 

「ビジネス情報を追加」をクリックしますビジネス情報追加

「ビジネス情報を追加」をクリックするとプルダウンで2種類の項目が表示されます。「ビジネス情報を1件追加」をクリックしましょう。

ビジネス名を入力します

 

ビジネス名を入力します

ビジネス名の空欄に店舗名を入力すると候補になるGoogleマイビジネスが予測変換(サジェスト)で表示されます。自分の店舗が表示されたらそこをクリックしましょう。

アクセスに関するリクエスト

 

アクセスに関するリクエスト

上の画像の部分に現在オーナー権限をもっているアカウントのGmail アドレスがヒントとして出てきます。「××……@gmail.comさんによってオーナー確認が完了しています。」と表示されます。このアドレスがご自身で所持しているGoogleアカウントであれば解決ですので、そのアカウントでGoogleマイビジネスにログインしなおしてマイビジネスの運用を進めましょう。

他のユーザーがGoogleでこのビジネスを管理しています

他のユーザーがマイビジネスを管理している場合の対応方法についてご説明します。

他のユーザーがGoogleでこのビジネスを管理

  • ①にチェックを入れます。
  • ②必要なアクセス権限レベルにチェックを入れます。この時、Googleマイビジネスのメインのオーナーとしてすべての権限を管理したい場合は「オーナー権限」を選択、閲覧や情報管理のみの場合はマネージメントを選択してください。
    オーナー権限とマネージメントの違いは、オーナー権限を有している場合、他のGoogleアカウントの「追加」や「削除」をする権限をもつことができます。
  • ③Googleマイビジネスとの関係に合うものを選択してください。
  • ④担当者名を入力してください。
  • ⑤ ④の方の電話番号を入力してください。

上記必要事項を入力し終わったら、アクセスに関するリクエストを送信します。

終了してこのGoogleマイビジネスをクリックします

 

終了してこのマイビジネスをクリックします

終了ボタンを押して一旦完了します。
次に現在のGoogleアカウントに設定しているG-mail をチェックしましょう。

G-mail をチェック

先ほど送信した「アクセスに関するリクエスト」についての確認メールが届いていることが分かります。

オーナー確認時の注意点

Googleマイビジネスを確認登録するにあたって、スムーズにオーナー確認ができないことがあります。そのようなケースは以下の3通りになります。

① 7日以内にメール受信者が何も対応しなかった場合
② 権限をもっている方が「承認」した場合
③ 権限をもっている方が「否認」した場合

①と②の場合、オーナー権限が解除されて、Googleマイビジネスに「ビジネスオーナーですか?」と表示されるようになりますので、本記事の1-1からの取得方法を参考にしながらオーナー権限の取得をすすめてください。

③の場合は下記の対応に進みましょう。

申し立て

否認とされた場合、Googleからメールが届きます。そのメールの中に「申し立て」というボタンがありますのでクリックしましょう。

オーナー権限を取得

その後オーナー権限取得方法と同じような手順となっています。この手続きを進めていくことでオーナー権限を取得することが可能となります。
身に覚えのないアカウント等にオーナー登録をされていた場合などは上記のように対応しましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?今回は「Googleマイビジネス」のオーナー登録方法」について説明、解説していきました。
店舗の集客において非常に大きな役割を果たしてくれ、ブランディング効果も期待できるなどメリットしかない部分になりますので、Googleマイビジネスをしっかり登録しておきましょう。
ぜひ上手にGoogleマイビジネスを運用していってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です