ローカルパックとは?Googleマイビジネスがローカルパックに載る重要性について解説

ローカルパック

Googleマイビジネスを運用していると、「ローカルパック」という言葉を見聞きすることがありますが、ローカルパックが何かよくわからないという人も多いと思います。

ローカルパックは、検索したキーワードに応じてトップに表示されるGoogleマイビジネスのリスティングを指します。
検索キーワードによって表示のされ方が違い、さまざまな種類があります。

ここでは、ローカルパックとは何か、ローカルパックの種類、歴史や重要性について説明していきます。

ローカルパックとは

ローカルパックとは、検索したキーワード(検索クエリ)に応じてトップに表示されるGoogleマイビジネスのリスティングです。

通常検索時に表示される店舗数は上位3店舗ですが、有料広告がある場合は広告のビジネスを含め4~5店舗表示されたり、逆に検索クエリに対応するビジネスが少ない場合は1~2店舗と少なく表示されたりする場合があります。

「さらに表示」をクリックすると3位以下のGoogleマイビジネスが表示されます。

ローカルパックの表示タイプ

通常のローカルパック

 

通常のローカルパック

 

通常のローカルパックは上画像のように表示されます。

まず、3つのビジネスのピンが刺さったマップが表示され、その下にビジネス情報が表示されます。
ビジネス情報の量は、ビジネスの管理者がどの程度情報を登録しているかにも左右されますが、基本情報を登録している場合は基本的に以下の項目が表示されます。

  • ビジネス名
  • 口コミの評価
  • 口コミ数
  • 住所
  • 営業時間
  • 電話番号
  • ウェブサイトのリンク
  • 経路案内のリンク

リスティングをクリックすると、各ビジネスの詳細が見られるようになっています。

スナックパック

 

スナックパック

 

スナックパックは、主に飲食店を検索したときに表示されます。
その他には美術館や動物園などの博物館もスナックパックで表示されます。

通常のローカルパックの情報とは違い、魅力が伝わりやすい画像や検索クエリに関わる内容の一部(ウェブサイトや口コミからの抜粋)、サービス内容の一部が表示され、ユーザーがお店を選びやすくなるように工夫されています。

・・・口コミで記述されている言葉が検索クエリにヒットしたときに表示されるマークです。
・・・Googleマイビジネスの投稿などで検索クエリについて記載がある時に表示されるマークです。
・・・Googleマイビジネスの属性に登録されている情報を示すマークです。
電話番号、経路案内、ウェブサイトのリンクはスナックパックでは表示されませんが、リスティングをクリックして詳細情報を見ると表示されています。

ローカルABCパック

 

ローカルABCパック

 

ローカルABCパックはブランド名で検索したとき、またはコンビニ、薬局、銀行、消防署など、評価に左右されにくいビジネスを検索したときに表示されます。
評価や口コミ数は表示されません。

ローカルパックの歴史

  • 2006年:ローカルパックが初めて実装された当時は「ワンボックス」と呼ばれ、検索クエリに一番適したビジネスを一つだけ表示するというものでした。
  • 2008年:ローカルパックには10件表示されるようになり、翌年7件へと減らされました。

10件表示

7件表示

  • 2015年:スマートフォンでも検索が増えたため、Googleはスマホの画面の大きさに対応するためにGoogleマイビジネスの表示を7件から3件に減らし、スナックパックとして知られるようになりました。
    また、スマートフォンやPCなど、検索プラットフォームそれぞれに合わせて表示されるようになりました。

これからも表示方法が変更される可能性があるので、定期的に表示のされ方に変化がないかチェックするようにしましょう。

ローカルパックの重要性

Google検索をすると、有料広告を除いて一番上にローカルパックが表示されるため、検索をしたほとんどの人がローカルパックを見ることになります。
そのため、ローカルパックに表示されている上位3つのビジネスは4位以下のビジネスに比べてクリック数が大幅に大きくなっています。

また、ローカルパックに表示されているビジネスは、Googleに選ばれたその地域を代表するビジネスという認識があるため、ユーザーからの信頼も高いです。

ローカルパックの選定基準

ローカルパックに表示されるビジネスは、Googleのアルゴリズムによって決められています。
そのアルゴリズムは明らかにされていませんが、Googleのガイドラインでは以下の3要素特に重要だと記載されています。

  • 検索地点からの距離
  • 知名度
  • 検索キーワードとの関連性

詳しくはGoogleマイビジネスの掲載順位を決める3つの要素で説明していますので、あわせてご覧ください。

まとめ

いかがでしたか?
ローカルパックは検索キーワードに応じてトップに表示されるリスティングを指します。
検索したサービスや業種によってローカルパックの表示のされ方は変わります。
飲食店以外のほとんどのビジネスが通常のローカルパックで表示され、飲食店や美術館、動物園などはスナックパック、その他ユーザーの評価に左右されにくいビジネスはローカルABCパックで表示されます。

上位3位以内に入るとローカルページに表示され、検索で広告などを除き一番最初に表示されます。
ユーザーの目に触れやすいためクリック率も高く、集客効果が望めるでしょう。

ローカルパックに載せるためには、距離、知名度、関連性を高めていく必要があります。
ビジネスの存在感を高めていくことで上位3位に入る可能性が上がります。

ローカルパックの表示のされ方を理解し、対策を進めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です