MEO対策で重要なサイテーションとは? 効果と具体的な施策をご紹介!

サイテーション

MEO対策(ローカルSEO)において重要だと言われているのがサイテーションです。
普段あまり聞き慣れない言葉ですので、「そもそもサイテーションってなに?」「具体的には何をするの?」という方も多いでしょう。

ここではサイテーションとはなにかと、サイテーションの効果や獲得の方法について解説いたします。

サイテーションとは?

サイテーション(Citation)とは、直訳すると「引用・言及」という意味です。
MEOやSEOにおいては、他のWebサイトで自分たちのビジネス情報がどれだけ紹介されているかという指標のことになります。

Googleに評価される対象となるビジネス情報には、以下の4つがあります。

  • ビジネス名
  • 住所
  • 電話番号
  • ホームページのURL

他のサイトで上記の4つがどれだけ言及されているかがサイテーションの指標です。

サイテーションと似たものに被リンク(他サイトから自社サイトへのリンク)があります。
サイテーションと被リンクの違いはリンクがついているか否かです。

(例)

被リンク→ 株式会社H2

サイテーション→ 株式会社H2

サイテーションはリンクがついていないただのテキストですので、正確な情報で紹介されているかが重要です。

サイテーションの効果と重要性

サイテーションはMEO対策で上位表示するために非常に重要です。

MEOの順位を決める要素としてGoogleが公言しているものに「関連性」「距離」「知名度」がありますが、サイテーションはその一要素である「知名度」に大きく影響します。
「知名度」は、Web上の口コミ(レビュー)やブログ、ポータルサイトなど様々な媒体で言及、紹介されている情報をGoogleが総合的に評価しています。

Web上の様々なところでビジネスの情報が増えることで、Googleから「その店舗は知名度が高い」と評価され、上位表示につながるのです。
つまり、サイテーションを獲得すればするほどMEOにおいて上位を狙えるようになるということです。

NAPの統一をしよう

サイテーションの獲得において重要なのは、数と正確性です。
せっかくサイテーション(引用・言及)をしてもらっても、店舗名(会社名)やURLが間違っていると評価につながらなくなってしまいます。

サイテーションの獲得施策をする前に、NAPを統一しておきましょう。
NAPとは、Name(ビジネスの名前)、Address(住所)、Phone(電話番号)のことです。
Googleマイビジネスのビジネス情報やSNS、ホームページに掲載するNAPを同じにしておく必要があります。

細かいですがNAPを統一する際は“・(黒丸)”のありなし、半角・全角での表記、電話番号のハイフンありなしなども影響するので、正確に統一しておきましょう。

NAPについては、MEOにおけるNAPの重要性と統一すべき理由で詳しく解説しておりますので、ぜひご参照ください。

NAPにHour(営業時間)を加えた「NAHP」という言葉も海外ではよく使われています。
ユーザーが混乱しないためにも営業時間も正しい時間で統一しておくのがよいでしょう。

サイテーション効果を得る方法

ここからは具体的にサイテーション効果を得るための施策ついて解説いたします。
サイテーションの獲得は自分ではコントロールできない難しい施策もありますが、きちんと対策をしていけば順位を上げることにつながります。

Googleマイビジネスの管理権限を取得しよう

まずは基本的なことですが、あなたのGoogleマイビジネスに管理権限(オーナー権限)を取得しましょう。
Googleマイビジネスの管理権限を取得することによって、検索時に表示される店舗情報(ビジネス情報)を編集できるようになります。NAP(NAHP)の登録、メニューの掲載、投稿などをおこない、店舗をPRしましょう。

オーナー権限の取得方法についてはGoogleマイビジネスオーナー確認の手順と知っておくべき注意点をご覧ください。

SNSの運用をする

FacebookやTwitter、InstagramなどSNSページを作って運営しましょう。
SNSに掲載するNAP(NAHP)はきちんと統一したものにしましょう。SNSに登録することで、Googleに自分のビジネス情報を認識してもらいやすくなります。

SNSは口コミなどの情報を拡散するシェア機能が充実しています。結果、Web上での露出が増えてサイテーションの獲得につながる可能性が高くなります。

無料情報サイトに掲載する

飲食店、美容室、エステサロン、クリニックなどさまざまな業種・業態向けに、無料でも店舗情報を掲載できる情報サイトがいくつか存在しています。無料でも店舗情報を掲載すればサイテーション効果を期待できるので、登録するようにしましょう。

<無料でも店舗情報を登録できるサイト例>

 

【美容】
エステサーチ
CUTs
エステ・人気ランキング

 

【病院】
ホスピタ
病院なび
マイクリニック

 

【共通】
お店のミカタ
エキテン
NAVITIME

上記のサイトはごく一部です。他にもサイトはたくさんあります。無料情報サイトに掲載するときも、NAPが統一されているか確認しましょう。

まとめ

MEO対策におけるサイテーションの重要性について解説いたしました。

あらためて、ポイントを整理しましょう。サイテーションとは引用・言及のことです。MEO対策において、Googleから評価される指標としてNAP(NAHP)が重要です。

  • ビジネス名(サイト名、会社名、店舗名、サービス名など)
  • 住所
  • 電話番号
  • 営業時間

ハイパーリンクが重要ではなく、正確性が重要なのできちんと上記が統一されていることを心がけましょう。
情報を統一したうえで、SNSによる店舗のPR、無料サイトへの登録をきっちりとおこなうことが重要です。

サイテーションの獲得ができればMEOで上位表示される可能性は高くなります。他の施策と併せてきっちりとおこなって来店客を増やしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です