自動車ディーラーもMEO対策は必須!?Googleマイビジネスの運用方法

自動車ディーラー

Googleマイビジネスには、業種別に推奨するマイビジネスの使い方があります。
その一つが自動車ディーラーです。
ここでは、自動車ディーラー向けGoogleマイビジネスについて説明していきます。

自動車ディーラーのビジネスオーナーの方はこの記事を参考にGoogleマイビジネスで効果的にユーザーにビジネスをアピールしましょう。

自動車ディーラーをGoogleマイビジネスに登録するメリット

これはどのビジネスにも言えることですが、まずGoogleマイビジネスに登録しておくことは、Google検索やGoogleマップなどでユーザーにビジネスが発見されやすくなるといったメリットがあります。

 

ディーラー検索結果

 

さらに、自動車ディーラーでGoogleマイビジネスに登録するのは、以下のようなメリットがあります。

  • 店舗情報の管理
    最新の店舗情報をユーザーに表示することができます。営業時間や最新情報のお知らせなどを発信することができます。
  • ユーザーからのフィードバック
    Googleマイビジネスを利用するとユーザーからクチコミなどでフィードバックを受け付けることができます。直接的な交流を図るとともに、その他のユーザーに情報を提供することができます。
  • ユーザーに関するインサイトの獲得
    さまざまな場所に表示されたWebのリスティング情報を、ユーザーがどのように利用しているかを知ることができます。
    ユーザーがビジネスを検索した方法や検索語句、リスティングに対して行ったアクション数など、さまざまなインサイト情報を把握できます。
  • セールやプロモーションの宣伝
    ユーザーがビジネスを検索した際に、セールやキャンペーンなどの情報も表示することができます。

推奨カテゴリ

自動車ディーラーのマイビジネス登録には、それぞれ推奨のカテゴリがあります。
販売がメインなら「自動車ディーラー」、修理なら「カーサービス」、部品販売なら「自動車用品店」のカテゴリを選択しましょう。

追加のリスティング作成

新車ディーラー

新車ディーラー(自動車メーカーの名を看板に掲げた正規の販売店または販売会社)はリスティングを複数持つことができます。
ディーラーとして使用するメインのリスティングの他に、販売しているブランドごとにリスティングを作成することができます。
リスティングを作成する方法はGoogleマイビジネス登録のメリットと0から登録する方法で紹介しているので、あわせてご覧ください。

また、ディーラー内の販売や修理、部品ごとにリスティングを作成する場合はディーラー名に部門名を付けることで作成が可能です。リスティングが追加されたらサポートに連絡し、ディーラー内のものとしてラベルを付けてもらいます。

中古車ディーラー

中古車ディーラーは販売する自動車ブランドが頻繁に変化する可能性があるため、作成できるリスティングは1つのみになります。
ディーラー内で販売や修理、部品販売があってもリスティングは1つなので、1つのリスティングにすべての内容を収める必要があります。

ユーザーにビジネスをアピールする

冒頭の店舗情報の管理でも述べましたが、見込み顧客となるユーザーにビジネスをアピールするには、リスティングに最新の情報を掲載することが最も効果的です。
ユーザーがビジネスに訪れるために必要なすべての情報を提供することができます。

連絡先を最新の情報に保つ

ビジネスの連絡先は常に最新の状態に保つようにしましょう。
複数のリスティングがある場合は、それぞれのリスティングも最新の状態するようにしてください。

定期的に写真をアップロードする

写真や動画を掲載することで、Googleの各種サービスでビジネスがユーザーの目に留まりやすくなります。

 

写真3タイプ

 

以下3タイプの写真をアップロードすることができます。

  • ロゴ
    ロゴはビジネスのプロフィールアイコンとして表示されます。
    基本情報(営業時間や電話番号など)を埋めているビジネスは、ビジネスプロフィールでロゴが強調されます。
  • カバー
    ビジネスを表す最も適した写真をカバーに設定します。
    カバー写真は、プロフィールの上部に設定され、ユーザーにビジネスの特徴を強調することができます。
  • その他
    ユーザーが購入の決め手となりうるビジネスの特徴を表す写真を設定します。
    動画はその他からアップロードすることが可能です。
    写真や動画は量が多いほど、ユーザーが購入するためのきっかけ作りをすることができます。

ビジネスの説明文で親近感を持たせる

 

ビジネスの説明文

 

説明文は説得力があり、親しみやすく、ユーザーの興味を惹く文章にしましょう。
Googleマイビジネスは単なるビジネスではなく、見込み客との関係を育む場でもあります。
ビジネスの目的や沿革、提供しているサービスや商品に関する情報を入力していきましょう。

属性を使用してユーザーに見つかりやすくする

属性は、ビジネスや提供しているサービスについての詳しい情報をユーザーに伝えやすくすることができます。
関連性の高い属性を登録することで、Googleの各サービスを利用するユーザーがビジネスを見つけやすくなります。

支払方法やWi-Fi対応などの事実に基づく属性は「情報」から直接編集することが可能ですが、スタッフの対応などの主観的な属性はユーザーの意見に基づいて追加されるので、こちらで編集することはできません。

ユーザーと信頼関係を築く

ユーザーの興味や関心を引き出せるように、常に最新のコンテンツの提供をしてビジネスのリピート率を上げていきます。
魅力的なコンテンツ作成をして、ブランドイメージを上げていきましょう。

投稿でイベントや特典をアピールする

新規入庫車や人気車、サービスに関する投稿を公開して、最新の情報をユーザーにお知らせします。
投稿はテキスト、動画、写真を使ってプロモーションをアピールすることができます。
さらに、リンクを貼りつけることでビジネスのホームページやポータルサイトに誘導することができます。

顧客エンゲージメントとブランドイメージの構築

ユーザーとの信頼関係を築くには、ユーザーと直接やり取りできるような関係作りが必要です。
ユーザーと直接やり取りすることによって、信頼関係とブランドイメージの構築が可能になります。

チャットでユーザーとコミュニケーションを図る

Googleマイビジネスのチャット機能を利用するには、Googleマイビジネスのアプリをダウンロードしている必要があります。
アプリのダウンロードやメッセージ機能を利用するための設定方法に関しては、Googleマイビジネスアプリの限定機能と基本機能の活用方法で説明していますので、あわせてご覧ください。

チャット機能をオンにして、ユーザーと直接メッセージのやり取りができるようになると、ユーザーからの問い合わせに素早く対応することができます。

クチコミへ積極的に返信する

ユーザーからいただいたクチコミには積極的に返信していきましょう。
クチコミはユーザーからの有益なフィードバックです。
クチコミに返信することで、他のユーザーにもビジネスのアピールや情報提供をすることができます。
また、紳士的対応でクチコミに返信するよう心がけてブランドイメージを構築していきましょう。

まとめ

いかがでしたか?自動車ディーラーには推奨するカテゴリがあります。
販売メインは「自動車ディーラー」、修理メインなら「カーサービス」、部品販売メインなら「自動車用品店」のカテゴリをメインカテゴリで選択しましょう。

さらに、新車ディーラーのビジネスはリスティングを複数持つことができます。
複数ブランドがあるなら、ブランドごとにリスティング作成して、それぞれ最新情報が入るたびに更新していきましょう。
Googleサポートに連絡することで、複数のリスティングをラベルでまとめることができます。
どのビジネスでも同じですが、常に最新情報の提供とユーザーからの問い合わせやクチコミには随時返信するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

MEO TIMESを運営するsmart MEO

閉じる