GoogleマイビジネスとGoogle広告を連携する方法とメリット!位置情報で広告出稿もできる

Google広告

Google マイビジネスは、Googleが提供する店舗集客のツールです。
企業や店舗などのビジネス情報(住所、電話番号、URL、営業時間など)を登録することで、検索結果の一覧やGoogleマップ上に、あなたの登録した情報を表示させることができます。より上位に表示させることで、ビジネス情報を多くのユーザーに見てもらえるため、集客へつながります。

Google マイビジネスの情報は、Google広告(旧名:Googleアドワーズ)と連携できることをご存知ですか?
実は、GoogleマイビジネスとGoogle広告を連携することで、より効果的な広告配信が可能になるのです。

今回は、GoogleマイビジネスとGoogle広告を連携することでできること、メリット、連携方法について解説いたします。

Google広告と連携することでできること

まず、GoogleマイビジネスとGoogle広告を連携すると何ができるのかを確認しましょう。

住所表示オプションが設定できる

住所表示オプションとは、Google広告の機能で、広告文に住所を表示させることができるオプションです。Google広告とGoogleマイビジネスを連携させると、広告に下記のように住所を表示することができます。

 

Google広告 住所表示

 

さらに、住所表示オプションを設定すると、Google広告の検索ネットワーク広告とディスプレイ広告のそれぞれにおいて住所表示以外のメリットがあります。

 

  • 検索ネットワーク広告でのメリット

検索ネットワーク広告とは、GoogleやGoogleマップで検索をしたときに、検索結果の上位に表示される広告のことです。「近くのイタリアン」と検索をしたときに表示させることができるので、実際に来店する見込みの高いユーザーに出稿できます。

 

Google広告 検索(PC)

▲検索ネットワーク広告による広告表示(PC)

 

Google広告 検索(SP)

▲スマートフォンでの表示方法

 

Google広告と連携をした場合、たとえば「近くの居酒屋」とGoogleで検索したときに、広告文に以下の項目も表示されるようになります。そのため、オフラインでの来店促進につながりやすくなります。

・店舗までの距離とその市区町村(スマートフォン)

・店舗の住所(PC)

・クリック可能な [電話] ボタン

・店舗の営業時間や電話番号、写真、ルートなどの情報がまとめられた詳細ページへのリンク

  • ディスプレイ広告でのメリット

ディスプレイ広告とは、Googleが提携しているWebサイト、You Tube、アプリにバナー広告やテキスト広告を表示させる広告です。ユーザーの属性(年齢、性別など)に合わせてターゲティングしたり、広告と親和性の高い内容のWebサイトへバナーやテキスト広告を出稿したりできます。

 

Google広告 ディスプレイネットワーク(PC)

 

Google広告とGoogleマイビジネスの連携をすることで、ディスプレイ広告においても以下の情報が広告として表示されますので、オフラインでの来店促進につながります

・店舗の写真が表示される

・営業時間が表示される。

・地図上での所在地を確認して[ルート] をクリックできる。

検索ネットワーク広告、ディスプレイ広告の両方において、来店を促進させる広告表示が可能になるのです。

来店コンバージョンの計測ができるようになる

来店コンバージョンとは、スマートフォンの位置情報機能を使い、広告をクリックまたは表示されたユーザーが、実際に店舗を訪れた場合にコンバージョン(成果)としてカウントできる機能のことです。

来店コンバージョンは、Google広告の管理画面で「すべてのコンバージョン」にカウントされます。

 

Google広告管理画面 すべてのコンバージョン

 

「すべてのコンバージョン」は、デフォルトでは管理画面の項目に表示されていません。管理画面の「表示項目」をクリックして、「表示項目の変更」から表示設定をしましょう。

 

Google広告管理画面 表示項目

 

来店コンバージョンは、成果をより正確に知ることができる便利な指標ですが、次のような注意点があります。

<来店コンバージョンの注意点>

・ユーザー単位で紐付けして確認できるわけではない。

・広告のクリック、表示が十分にないと確認できない。

 

店舗の位置による配信・入札単価の調整ができる

Google広告と連携すると、Googleマイビジネスに設定されている住所から一定距離圏内のユーザーに広告を配信することができます。さらに、距離に応じて入札単価の調整ができるので、より効率的な広告運用ができます。

 

Google広告との連携方法

では、GoogleマイビジネスとGoogle広告の連携方法について解説いたします。

Google広告の管理画面「広告と広告表示オプション」をクリック。「広告表示オプション」が表示されるのでクリックします。

 

Google広告管理画面 広告表示オプション

 

②「住所表示オプション」をクリック

 

Google広告管理画面 住所表示オプション

 

③[Googleのアカウントの選択画面]連携するGoogleマイビジネスのアカウントを選択します。

GoogleマイビジネスとGoogle広告で同じGoogleアカウントを使用する場合は、Googleマイビジネスの選択をしてください。別のアカウントを使用する場合は、メールアドレスを入力しましょう。

 

Google広告表示 Googleアカウント選択

 

最後に「続行」をクリックして完了

 

Google広告管理画面 設定完了

 

以上がGoogleマイビジネスとGoogle広告との連携方法です。
今回紹介したGoogle広告の管理画面での連携の他にも、Google APIを使って連携する方法もあります。プログラミングの知識がある方は、Google広告との連携を参照にチャレンジしてみましょう。

住所表示オプションのフィルタリングについて

Google広告とGoogleマイビジネスの連携をすることで、Googleマイビジネスで設定した情報を広告に表示させることができます。

ビジネス名の表示

Googleマイビジネスで設定したビジネス名を広告に表示させることができます。ビジネス名を設定するときは、MEOにおけるNAPの重要性と統一すべき理由!を参照に、公式ホームページやSNSとビジネス名を統一しましょう。

ラベルの表示

Googleマイビジネスで複数の店舗(ビジネ情報)を運営していて、そのままGoogle広告と連携をしてしまうと、どの住所を広告で表示させるかコントロールすることができません。

そこで、Googleマイビジネスで設定したラベルをフィルタリング条件として、広告表示の設定をすることができます。ラベルの設定は、最大で10個まで設定できるが、条件を複数設定する場合は、最大3個まで設定できる。(OR条件)

たとえば、フレンチでも、カフェ、ビストロ、レストラン、トラットリアなど複数店舗を経営している場合。

ビストロだけの住所を表示したい場合には、「ビストロ」だけをラベル設定しておけば、ビストロだけを表示させることができます。「カフェ」「ビストロ」「レストラン」と設定をしていれば、これらのラベルがついた住所がランダムで表示することができます。

また、同じ業種で複数店舗表示している場合などには、ラベルに「渋谷」「新宿」「銀座」というように、エリア名をつけておけば広告を出し分けることができます。

まとめ

以上がGoogleマイビジネスとGoogle広告の連携によるメリット、連携方法です。さまざまなメリットがありますが、特にスマートフォンの位置情報に合わせて一定の距離だけに表示を変更したり、入札単価を変えたりすることができる機能は、実際に来店促進までつなげることができる機能です。

他の店舗が出稿している広告と少しでも差をつけ来店してもらうためにもGoogleマイビジネスとGoogle広告の連携はぜひおこなっておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

MEO TIMESを運営するsmart MEO

閉じる