必見!Googleマイビジネスの代行を検討するときに知っておくべきこと

検討

Googleマイビジネスを管理したいと思っていても人員や時間が確保できなかったり、やり方がわからなかったりと、自分でやるのは難しそうだから代行業者に依頼することを考えている方も多いのではないでしょうか。

ここでは、そもそもGoogleマイビジネスは自分で管理ができないのか、また代行を依頼する場合のメリットとデメリット、注意点をお伝えします。
この記事を参考に自分にとって一番適したGoogleマイビジネスの管理方法を検討してみて下さい。

Googleマイビジネスは自分で管理できないのか

「できる」か「できない」で答えると、答えは「できる」です。
Googleマイビジネスはオーナー権限を取得すれば、だれでも無料で管理ができるサービスです。

もし、Googleマイビジネスを管理する人員的、時間的リソースがあり、自社で管理できそうな場合は業者に依頼せずに自社で管理することも可能です。
情報の登録、編集でしたらそこまで複雑な作業ではありませんので、まずはオーナー確認をしてご自身で試してみてから判断してもよいかと思います。
オーナー確認の方法についてはGoogleマイビジネスオーナー確認の手順と知っておくべき注意点をご覧ください。

ただし、効果的に運用するためには情報の更新や管理が不可欠で、それなりの時間や知識が必要になります。
Googleマイビジネスはビジネスの集客、マーケティングに欠かせないツールですので、自社で管理できない場合は代行を依頼することをおすすめします。

代行の種類

代行には、Googleマイビジネスに情報を登録をすることを目的とした「登録代行」と、検索したときに上位表示させ、集客することを目的にした「MEO代行」があります。

違いを理解した上で、どういったことを依頼したいのか明確にしてから代行業者を検討しましょう。

登録代行

GoogleマップやGoogle検索でビジネスを検索すると、下の図の青枠で囲まれたナレッジパネルと呼ばれるビジネスの情報が表示されます。

Googleマイビジネスの表示

そのナレッジパネルの情報を登録・編集したり、オーナーとしてクチコミに返信するためのツールがGoogleマイビジネスです。
登録代行ではGoogleマイビジネスのオーナー権限を取得して、基本的な情報の登録をします。

代行業者によって投稿する写真の枚数、メニュー・サービス、商品登録の有無などサービス内容に若干の違いがあるものの、一般的には以下のサービスを提供しています。

  • アカウントの開設
  • オーナー確認
  • ユーザーアカウントの登録(1アカウント)
  • カテゴリの設定
  • 基本情報の登録
  • カバー写真、ロゴ写真の登録
  • 写真投稿(6~20枚程度)

登録代行の料金は15,000円~30,000円が相場で、一度のみの支払いになります。
Googleアカウントの新規作成や写真撮影など、上記に含まれていないサービスが含まれている場合は若干高い価格設定になっています。

情報登録後もユーザーやGoogleからの情報提供により、情報が書き換えられてしまうことがありますが、そういった対応や登録後の編集・変更はオプションとしてやっている会社が多く、上位表示のための施策は含まれていません。

まずは店舗のGoogleマイビジネスを作りたい、情報を最低限登録したいといった場合は登録代行が良いと思います。

MEO代行

MEO代行はGoogleマイビジネスへの情報の登録から、その後の運用も代行するサービスです。

MEOとはMap Engine Optimizationの略で「マップ最適化」を意味します。
MEO対策代行業者はGoogleマイビジネスを運用して最適の状態を維持し、「地域×業種」で検索されたときに店舗の情報を青枠内に上位表示して、集客に繋げるための対策を代行しています。
MEO対策で表示される場所

最初の情報登録等は無料でやってくれる業者が多く、Googleマイビジネスの管理以外にも上位表示や集客に繋がるサービスが含まれていることが多いです。
登録代行に加えて以下のようなサービスを提供しています。

  • 投稿機能を使った定期的な情報発信
  • 定期的な写真投稿
  • Googleやユーザーによる変更の訂正
  • 基本情報の変更、更新
  • その他Googleマイビジネスに関わる対応全般
  • 外部対策(Googleマイビジネス以外の対策)
  • ツールの提供
  • サポート

料金体系は毎月固定の料金を支払う『月額固定型』、また最近は少なくなってきていますが上位表示されたら料金が発生する『成果報酬型』が一般的です。
MEO対策で効果を出すためには、情報登録をした後に定期的に情報を更新したり、追加したりして運用し続けることが必要不可欠ですので、通常4か月~12か月の契約期間があります。

集客することを目的にGoogleマイビジネスの利用を検討されている方はサービス内容が充実しているMEO対策代行を検討することをお勧めします。

代行のメリットとデメリット

代行によってメリットとデメリットとしてどのようなことが生じるのでしょうか。
代行を検討するうえでメリットだけではなくデメリットも知っておく必要があります。

ここでは代行によるメリットとデメリットをご紹介します。

代行のメリット

・時間や人手がかからない

・効果的な対策をしてくれる

時間や人手がかからない

効果的に運用するためには情報の更新や管理が不可欠で、定期的にGoogleマイビジネスを管理するための時間がかかってしまいます。店舗によっては本業で手一杯ということも多いかと思います。代行するとプロに全てお任せすることができますので、時間をかけることなく管理してもらうことができます。

効果的な対策をしてくれる

Googleマイビジネスを使って集客しようとすると情報を登録したり、更新したりするだけでは結果が出ないことがあります。業者に代行依頼をするとGoogleのアップデートやユーザーからの情報変更などにいち早く対応し、さらに上位表示のための知識やノウハウを最大限駆使して、集客に繋がるような運用をしてくれます。

代行のデメリット

・お金がかかる

・情報の鮮度が落ちる

お金がかかる

Googleマイビジネスは本来無料で利用できるサービスだという点を考えると、管理のために費用がかかってしまうことがデメリットとして挙げられます。しかし、従業員やオーナーが自ら管理する時給を考えると、業者に依頼したほうが効果に対する運用コストが安く済む場合もありますので代行を依頼するときにはよく検討しましょう。

情報の鮮度が落ちる

代行を依頼すると、情報所持者と情報発信者が別々になってしまい、情報伝達の手間が増えるので、どうしても情報の鮮度が若干下がってしまします。代行業者に丸投げしてもやってくれるところも多いかと思いますが、お店の魅力を一番理解しているのはそこで働いている人々です。鮮度の高い魅力的な情報を発信できるように積極的にお店の最新情報や推しポイントを共有するなど、協力体制を作ることが大切です。

代行業者の選び方

それでは以上のことを踏まえたうえで代行業者を選ぶときの注意点をお伝えします。

数ある代行業者が様々な代行サービスを提供していますが、絶対にガイドラインを守って代行をしている業者を選ぶようにしましょう。
Googleのガイドラインに違反したことをしていると、最悪の場合アカウントやGoogleマイビジネスが停止され、利用できなくなってしまいます。特に以下のような不正をしている業者には気を付けましょう。

上位表示のための不正運用の例

・クチコミを書き込むサービスをしている(サクラ)
・ビジネス名を変える、ビジネス名に地名や業種名を入れる
例)Hair Salon H2 |南青山 |美容室|パーマ

不正な行為

・Googleの社員と主張する
・情報が提供されない
・料金を偽る
・Google サービスでの掲載順位を保証している、順位操作をしている
・Googleマイビジネスの管理権限を返さない

代行業者の選び方ついての詳細はMEO対策会社の相場費用と最適な会社の選定ポイントにまとめておりますので合わせてご確認ください。
ビジネスの大切な情報を預けることになりますので、実績のある信頼できる会社を選びましょう。

まとめ

いかがでしたか?
Googleマイビジネスの代行には管理権限の取得から基本的な情報の登録をしている「登録代行」と、集客を目的に情報の登録から運用を行う「MEO代行」があります。
代行サービスには費用がかかり、気を付けなければ情報の鮮度が落ちてしまうというデメリットがあるものの、時間や人手をかけることなくGoogleマイビジネスを常に最適な状態に保ち、集客に繋がるページ作りをしてくれるというメリットがあります。
代行を依頼する際にはガイドラインを守って正しく運用してくれる業者を選びましょう。

この記事を読んで、あなたにとってのベスト方法を検討してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です