Googleマイビジネスの属性を登録しよう!メリットと登録方法

Googleマイビジネスの属性を登録しよう!

Googleマイビジネスには、ビジネスの詳細を登録できる「属性」というものがあります。
ユーザーがお店を探すにあたって、気になる項目を登録でき、お店を探した際にマイビジネスページの属性を見たり、露出させたいキーワードにアプローチすることができます。

  • 属性って何?
  • 属性に登録すると何がいいの?

ここでは、属性とはどういったものか、属性を登録することのメリットについて説明していきます。
この記事を読むことで、属性に登録することの重要性がわかるはずです。
ぜひ、参考にしてください。

属性とは?

属性は、お店の提供サービスや商品などの情報をユーザーに伝えることができる機能です。
Google検索とGoogleマップのビジネスプロフィールに表示され、ユーザーが一目で提供サービスを知ることができます。
モバイルでビジネスを見つけたときには、バッジとして目立つように表示されます。

登録できる属性一覧

種類 主な項目
お支払い クレジットカードを利用できる、小切手を利用できる、現金のみ
サービス キッズメニューがあるお店、アルコール、グルテンフリーメニュー、コーシャ認定料理、飲み物だけの注文可
ハイライト・特徴 テラス席がある、暖炉がある、生演奏あり、女性経営者、スポーツ
バリアフリー 車椅子対応、車椅子対応のトイレ、車椅子対応の駐車場あり
プラン 予約可、要予約の店、トランスジェンダー対応
客層 家族向き、LGBTに人気のホテル
設備 無料Wi-Fi、ドライブスルー、トイレあり、犬の同伴可
食事 テイクアウトOK、ブランチ、デザート、事前注文が可能なお店

マイビジネスの属性を登録するメリット

お店の特性をユーザーとGoogleにアピールできるのが最大のメリットです。
たとえば・・・

決済方法の種類

近年、キャッシュレス化が進んでいることから、現金をあまり持たないユーザーも増えてきました。
立ち寄ろうと思っているビジネスがキャッシュレス対応ということがわかると立ち寄りやすくなりますし、事前に現金のみというビジネスだとわかれば現金を用意して来店することができます。
支払方法が来店前にわからないビジネスだと、他のビジネスに流れていってしまう可能性もあります。
そういったことを防ぐためにも、属性での決済方法の登録はしておくといいでしょう。

無料Wi-Fiの有無

外出時に、
・動画やゲームをスムーズに楽しみたい
・仕事の合間に立ち寄るために、パソコンを使いたい
というユーザーも多いと思います。
そんな時のお店を選ぶ基準は無料Wi-Fiが備え付けてあるかないかを見ています。

無料Wi-Fiを備え付けているのに属性にチェックを入れていないと、ユーザーは無料Wi-Fiが付いていないと判断し来店しないという選択を取ってしまう可能性も考えられます。
ある場合は必ずチェックを入れましょう。

テイクアウト

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、Googleマップの検索フィルタに新たに「テイクアウト」が追加されました。

 

テイクアウトの表示

 

テイクアウトを選択すると、テイクアウトを提供している近くのお店をピックアップしてくれる機能です。
属性に「テイクアウト」がありますので、テイクアウトを提供しているビジネスは、該当ありにチェックを入れていきましょう。
テイクアウトで検索フィルタをかけた際にGoogleマップで表示されやすくなります。

テイクアウトの設定方法はGoogleマイビジネスに新機能!テイクアウト・デリバリー設定でコロナ対策で詳しく説明しています。

バリアフリー

バリアフリー情報があることで、事前に車椅子ユーザーが利用できる場所であるかどうかがわかります。
意外とバリアフリーに対する記載があまりないので、車椅子ユーザーにとってはバリアフリー情報があることはとてもありがたく、来店の基準にもしやすいです。
また、属性のバリアフリーとして登録するには以下の基準を満たしていなければ、登録しても修正される可能性があるでしょう。

  • 車椅子対応の入り口
    入口の幅が約1メートルあり、入り口に階段がない場合は✔を入れることができます。
    階段が1段以上ある場合でも、常設のスロープや移動可能なスロープが備え付けてあって、車椅子が利用できる状態であれば問題ありません。
    ただし、入り口が回転ドアのみの場合は🚫になります。
  • 車椅子対応のトイレ
    トイレの入口の幅が約1メートル以上あり、上り下りする階段がない場合は✔を入れることができます。
    また、車椅子の方専用の個室がある場合でも入口の幅が1メートル以上ない場合は🚫になります。
  • 車椅子対応の座席
    ビジネスの主要エリアに階段を使わずにアクセスすることができ、車椅子で移動してテーブルにつくのに充分なスペースがある場合は✔を入れることができます。
    お客様が利用するすべてのテーブルが立位時の高さである場合は、車椅子対応ではないため🚫になります。
  • 車椅子対応の駐車場
    車椅子対応の駐車スペースがある場合は✔を入れることができます。
    車椅子対応の駐車スペースとは、地面・看板・標識のいずれかに車椅子特定のマークが表示されています。
    該当した駐車場がない場合は🚫になります。
  • 車椅子対応のエレベーター
    車椅子が入る大きさのエレベーターがある場合は✔を入れることができます。
    該当エレベーターでない場合は🚫になります。

属性を登録する方法

マイビジネスの「情報」をクリック

マイビジネスのページから「情報」をクリックします。

 

「情報」を選択

属性アイコン「Attributes」をクリック

情報のページを開いたら、スクロールして「Attributes」をクリックします。

属性をクリック

該当する属性をクリック

該当する属性にチェックを入れていきます。

属性のチェック

 

「+」は未選択の状態で、「✔」は該当あり、「🚫」は該当なしになります。
「+」の状態から1回クリックすると「✔」になり、2回クリックで「🚫」になります。
未選択の状態に戻したいのであれば、3回クリックすると「+」に戻ります。

クリックに応じて表示が変わるので、該当するものにチェック入れていきましょう。

属性は随時追加される

属性には、テラス席ありやテイクアウトOKなどの事実に基づく属性と、地元のユーザーに人気があるかどうかの主観的な属性の2タイプがあります。
事実に基づく属性は編集できますが、主観的な属性は来店したユーザーによって決定されます。

また、Googleマップは日々進化しているので、アップデートのタイミングで属性の項目も追加される場合があります。
3か月に1回くらいはチェックしておくと抜けもれがなくなっていいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?属性を登録することで、ユーザーにどのようなビジネスなのかを効果的に伝えることができます。
行ってみないとわからなかったような情報が属性に登録することでイメージが付きやすくなり、来店意欲を上げることにもつなげることができます。
属性に表示されている項目は可能な限り該当の有無を登録していくと、ユーザーにも正確な情報が伝わるので、しっかりと項目を埋めていきましょう。
集客を増やすためにも、来店時のギャップを無くすためにも属性の登録は必須です。
ぜひ、登録してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です