同じ住所で複数のビジネスをしているときのGoogleマイビジネス対策方法

複数事業

同じ住所の店舗やオフィスで、複数のビジネスを行われていることがありますよね?

たとえば、美容室の店舗のなかでアパレル販売やネイルを行っていたり、開業をしたばかりでオフィスを間借り(シェア)していたりする場合です。

このような場合、Googleマイビジネスの運用はどうすればよいでのでしょうか? 結論からお伝えしますと、同じ住所であってもGoogleマイビジネスのビジネス情報は、別々のビジネス情報として登録することができます。ただし、いくつか注意しなければならないことがあります。

ここでは、同じ住所でGoogleマイビジネスのビジネス情報を登録する方法を解説します。

同じ住所でも登録するための必要な対策

同じ住所で複数のビジネスを登録するには、必要な対策があります。

  • ビジネス名を変える。
  • Webサイトはビジネスごとに別ドメインにする
  • 電話番号をビジネスごとに変える
  • 店舗コードをビジネスごとに設定する

上記の対策をしていないと、Googleからビジネスの重複とみなされてしまう可能性があります。重複とみなされると、Googleからの評価が低くなりMEOの順位に影響を及ぼすことや、ユーザーを混乱させてしまうことにもなります。

では、それぞれの対策について解説していきましょう。

ビジネス名を変える

Googleマイビジネスの管理画面でビジネス情報を入力する際、ビジネス名を別にする必要があります。同じビジネス名をつけてしまうと、Googleに別のビジネスと認識させづらくなります。基本的なことではありますが、抑えておきましょう。

Webサイトはビジネスごとに別ドメインにする

Webサイトを制作するときは、各ビジネスのサイトを別のドメインにしましょう。注意をしなければならないのは、サブディレクトリで分けないようにすることです。

【美容室の店舗でアパレル業をしている場合】

 

良い例)ドメインで分ける

・美容室…http://abcd.com/

・アパレル…http://efgh.com/

 

悪い例)サブディレクトリで分ける

・美容室…http://abcd.com/

・アパレル…http://abcd.com/apparel/

上記のように、しっかりと別ドメインでWebサイトを作りましょう。

電話番号をビジネスごとに変える

電話番号はビジネスごとに別の電話番号を用意しましょう。電話番号は携帯電話でも良いです。

店舗コードをビジネスごとに設定する

店舗コードは、Googleマイビジネスの管理画面からビジネス情報ごとに任意に設定できるコードです。店舗コードを設定することで、Googleに各ビジネスが重複でないことを認識させることができます。

店舗コードは、以下の条件を満たすようにしましょう。

  • そのビジネス情報に固有のコードである
  • 半角 64 文字以内で指定されている
  • 先頭または末尾にスペースが含まれていない
  • 特殊文字(<、> など)や URL が含まれていない

(引用:Googleマイビジネス ヘルプ

それでは管理画面で店舗コードを設定する手順について解説していきます。

 

1.Googleマイビジネスの管理画面へアクセス

 

2.左のメニューから「情報」をクリック

Googleマイビジネス管理画面(情報)

 

3.店舗コードをクリック

Googleマイビジネス管理画面(店舗コード)

 

4.任意で設定したい店舗コードを入力します。

Googleマイビジネス 店舗コード入力

 

5.[適用]をクリックして完了です。

Googleマイビジネス管理画面 参照

 

以上で店舗コードを設定する方法です。なお、Googleマイビジネスのヘルプにも記述がありますが、別のビジネスや個人アカウントに使用しているスプレッドシートとの混同を避けるため、店舗コードにはブランド名を含めるようするとよいでしょう。

重複とみなされたときの対処法

ビジネスごとにドメイン、電話番号を用意して、店舗コードを別に設定したにもかかわらず、Googleから同じビジネスとみなされてしまうこともあります。

もし、重複とみなされた場合には、Googleのサポートへ連絡をしましょう。サポートへの連絡方法は、重複したGoogleマイビジネスを削除するための方法3つを解説!に詳しく手順を記してありますので、ご参照ください。

まとめ

同じ住所でGoogleマイビジネスを登録する場合について解説いたしました。最近は飲食店を中心に同じ店舗で二毛作ビジネスをしている方も増えてきており、今回解説した対策が必要になることも多いと思います。

特に店舗コードは、入力を忘れてしまいがちです。入力をしなくても重複とみなされないこともありますが、入力に手間がかかるものではないので、入力しておきましょう。Googleから重複とみなされてしまうと、MEOとしての評価が下げられてしまったり、ビジネス情報を削除するなどの手間が増えてしまいます。しっかりと対策をしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

MEO TIMESを運営するsmart MEO

閉じる