Googleマイビジネスの”審査中”が終わらない理由と対処法

審査

Googleマイビジネスの運用をしていると、ビジネス情報、営業時間の修正など、ビジネスプロフィールの編集を行うこともあります。Googleマイビジネスの管理画面で変更をすると、Googleの審査が入ることがあります。編集内容の品質チェックをされ、承認されると「公開」となります。

しかし、いつまで経っても「審査中」のまま、ビジネス情報が公開されないという運用者の声を聞くことがあります。

ここでは「審査中」になるタイミングといつまでも「審査中」が終わらない原因、対処法について解説をいたします。

「審査中」になるタイミング

Googleマイビジネスの運用において「審査中」になるタイミングはどんなときでしょうか? それは管理画面で情報を編集したときです。

ビジネス名、住所、営業時間、ビジネス情報などを編集すると、品質チェックのために「審査中」となることがあります。審査では、Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドラインに沿った内容であるかをチェックしています。禁止されているコンテンツはないか、ビジネスの内容を正確に反映しているか、ガイドラインのポリシーに準拠しているかなどをチェックしています。審査待ちになると、管理画面では「審査中」と表示されます。

審査中

 

無事、Googleから承認されると、編集した内容は通常であれば数分、長くても3日程度で反映されます

ずっと「審査中」のままなのはなぜ?

ビジネスプロフィールを編集して3日を過ぎたが、いつまで経っても「審査中」が終わらないという問題がGoogleヘルプのコミュニティなどで複数報告されています。「審査中」が終わらないと変更した情報が反映されないため、集客に影響してしまうこともあるかもしれません。

この問題について、考えられる原因について考察していきましょう。

原因①システムに不具合が発生している可能性

Googleでは品質チェックは人だけでなく、システムを活用しているようです。この審査システムに不具合があると審査に時間がかかってしまうことがあるようです。システムの不具合は、よほど大規模な不具合であれば別ですが、Googleが正式に発表することはありませんので注意しましょう。

原因②コロナウイルスによる影響

最近ではコロナウイルスにより、Googleの運用体制にも影響がでています。Googleの正式発表では、サポート担当者の予防対策の一環として、人員を減らして業務を行っているとのことです。

世界でロックダウンが行われていた頃には、オーナー確認・オーナー登録、クチコミへの返信など、一部のビジネス情報の編集機能が使えなくなったりしていました。現在は機能は使えるようになっていますが、審査にも影響がでているようで、コロナの流行前と比較すると審査の時間が長くなることもあるようです。

Googleマイビジネスのコロナに関する最新情報は、Googleマイビジネスヘルプのヘルプセンターなどから確認ができます。

「審査中」のままのときの対処法

長い期間審査中になっていると、いつまでも編集した情報が公開されず集客に影響を及ぼしかねません。ビジネスプロフィールを編集した場合には3日程度が目安ですので、期間が長引いた場合はGoogleにお問い合わせすることもできます。

何ヶ月も審査中のままで、急ぎ公開をしたい場合は、Googleにお問い合わせをしてみましょう。

まとめ

以上、審査がいつまでも終わらない理由と、対処法について解説いたしました。

通常、審査はビジネス情報がスパムや不適切な内容かをチェックしてくれる大切な機能です。しかし、長期間に渡り審査が終わらないと、運用者としては集客、売上への影響を考えざるを得ません。

Google側のシステムの不具合や、コロナの影響による運用体制などの場合、直接的な対処は難しいですが、Googleへお問い合わせをすることはできます。できるだけ早く対処していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

MEO TIMESを運営するsmart MEO

閉じる