不動産仲介会社必見!MEO対策をすべき理由とGoogleマイビジネスの運用ポイント

不動産

様々な業界でMEO対策が集客方法の一つとしてメジャーになってきましたね。
不動産会社のメインのweb集客方法は大手の物件紹介ポータルサイトです。
しかし、もっと新規集客を伸ばしたいと悩んでいる店舗もあるかと思います。

そこで今回お勧めしたいのがMEO対策です。
不動産会社の方はまだMEO対策をしたほうがいいのかな?そもそもMEOって何?と思っている方も多いはずですが、不動産会社にとってMEO対策は新規顧客を増やすのにとても効果的です。

ここでは不動産会社がMEO対策をすべき理由とGoogleマイビジネスの運用ポイントについてご紹介します。
この記事を読んでGoogleマイビジネスを有効活用していきましょう!

MEOとは

MEOとは、「Map Engine Optimization」の略で、マップエンジン最適化のことです。
ここでいうマップとはGoogleマップのことを指します。

Googleマップにはスポットごとにピンが立っていて、そのピンにはその店舗や施設の情報が登録されており、無料で管理することができます。
それをGoogleマイビジネスと言います。
下のマップの青枠部が弊社のGoogleマイビジネスです。

Googleマップにある弊社のGoogleマイビジネス

 

現在、GoogleマップやGoogle検索で店舗名を検索したら、一番見つけやすいところに店舗のGoogleマイビジネスが表示される仕組みになっています。

Googleマイビジネスの表示

Google検索エンジンやマップで「地域名+業種」と調べたときに店舗のGoogleマイビジネスを上位表示させ、店舗名やあなたの店舗の存在を知らないユーザーにも店舗情報を見つけて来店してもらうための施策をMEO対策といいます。

似たような言葉にSEO(対策)があります。
SEOは「Search Engine Optimization」の略でサーチエンジン最適化を意味します。これは、オーガニック検索(インターネット検索したときの検索結果のうち広告枠を除いた部分)でウェブサイトを上位表示させるための施策です。

どちらも”最適化”という意味ですが、SEOはウェブサイトに対して、MEOはGoogleマイビジネスに対して行う施策で、対象も表示される場所も異なります。

 

SEOとMEOの違いについてはの詳細は「どちらが効果的?SEOとMEOの違いや関係性について解説!」をご覧ください。

Googleマイビジネスはポータルサイトや各会社のホームページなどの検索結果が表示されるオーガニック検索結果よりも上に表示されるため、検索した人から見られやすいという特徴があります。

MEO and SEO

不動産会社がMEO対策をすべき理由

地域密着型で相性がいい

最近ウェブで部屋・家探しをする人が増え、そこからのお問い合わせで来店につながるパターンが増えてきましたが、一方でまずはどこかの不動産仲介会社に行ってからそこで部屋探しを探す人もいます。

そういったユーザーが不動産会社を利用するときは部屋を借りたい・買いたい地域、または家の近くの不動産会社に行くことが多く、不動産会社は地域密着型のビジネスであるといえます。

MEO対策は「地域名+業種」で検索したときに上位表示させるための施策であり、店舗がある地域で不動産会社を探している人とは相性がよく、不動産会社のGoogleマイビジネスが上位表示されると集客に繋がる可能性がとても高くなります。

また、部屋を探している人はどの辺に住もうかなと地図をよく見ているのもポイントですね!

SEOより上位表示しやすい

自社のホームページを持ち、そこで物件紹介をしている不動産屋は多いかもしれません。
しかし、不動産業界はポータルサイトの力が強く、オーガニック検索ではポータルサイトが上位を独占していてSEOで上位表示させるのは至難の業です。

それに比べてGoogleマイビジネスはフォーマットが決まっており、競合は全て店舗になるので対策内容次第で上位表示される可能性が高くなります。

MEOでもSEOでも上位表示されることによってユーザーに見つけてもらいやすくなるので、上位表示される可能性が高いMEO対策をするほうが得策といえます。

費用対効果がいい

Googleマイビジネスは無料で利用することができます。

不動産の集客手段としてよく利用されているポータルサイトは掲載料や手数料がかかるので、MEO対策をして無料で集客できるようになれば、ポータルサイトを利用するよりも費用対効果がいいということができます。

対策している会社が少ない 

不動産会社は上で述べたようにMEOと相性がいい業種なのにもかかわらず、他の業種に比べてMEO対策をしている店舗がまだ少ない傾向にあります。

極端な例ですが、まだ何の情報も登録されていない不動産会社もあります。

情報が登録されていない不動産のGoogleマイビジネス

MEO対策はほかの業界で需要が高くなっているのと同様に、今後不動産業界でも重要性が高まっていくことが予想できます。

つまり、、、
今がチャンスです!!!
ライバルが少ない今のうちから対策をして、Googleからの評価を高めておくことが大切です。

情報を登録しよう

MEO対策の必要性はご理解いただけましたでしょうか。
ここからは実際にGoogleマイビジネスを管理する方法をご紹介します。

ビジネス情報

まずはGoogleマイビジネスの管理画面のメニュー「情報」からビジネス名、電話番号、住所等の店舗の基本情報を登録しましょう。
これはユーザーが実際に店舗を訪れる際に重要な情報です。

《Googleからの評価を上げるための豆知識》

 

店舗の基本情報Name(ビジネス名)Address(住所)Phone(電話番号)の頭文字をとったNAPという言葉があります。

 

不動産会社はホームページ、複数のポータルサイトなどweb上に店舗の情報がたくさんあると思います。
掲載されているNAP情報を統一することによってGoogleからの評価が上がり、上位表示されやすくなりますので、NAP表記は統一するように心がけましょう。

 

詳しくはMEOにおけるNAPの重要性と統一すべき理由!をご覧ください。

ビジネスの説明

不動産会社は商材である賃貸物件が頻繁に入れ替わるので商品に賃貸物件を載せることはあまりお勧めしません。

その代わりにビジネスの説明をしっかりと書き、店舗の魅力を伝えるようにしましょう。

迅速な対応、親身な接客、安心できるサポート体制など、ユーザーにとって魅力的な点を記載し、ユーザーに「この店舗なら任せられそうだな」と思ってもらうことがポイントです。

写真

ユーザーが店舗を訪れるときにわかりやすいように店舗の外観の写真、ロゴは必ず登録するようにしましょう。

また、店内の写真や従業員の爽やかで親しみが持てる写真など、実際にユーザーが店舗に行ったときのことを想像できる写真はユーザーに安心感を与えます。

定期的に情報を発信しよう

定期的に投稿しよう

イベントや物件の最新情報、部屋探しのノウハウや注意点など、ユーザーにとって魅力的な情報について発信しましょう。
また、「本日の何時ごろ空いております」といった来店する際にユーザーにとって実用的な情報も効果的です。

投稿はユーザーにとってはもちろんですが、Googleの検索エンジンにとっても効果があり、定期的に投稿することであなたのGoogleマイビジネスが評価され、上位表示されやすくなります。

クチコミに返信しよう

不動産はクチコミの評価が低くなりがちなので、口コミを放置すると、口コミを見た人からの印象が悪くなってしまいます。
不動産は大きい買い物になるので、対応や信用といった目に見えない要素の評判も集客に大きく関わってきます。
しっかりと口コミに目を通し、適切に返信、管理するようにしましょう。

クチコミの適切な対応方法についてはGoogleマイビジネス【口コミ】機能でできることで説明しているので、あわせてご覧ください。

まとめ

いかがでしたか?
地域密着型の不動産会社はMEO対策と相性がよく、SEOよりも上位表示しやすいMEOは集客においての効果覿面。
無料でできるので費用対効果もよく、今後需要が高まることが予想され、競争が激しくなるので、ライバルが少ない今のうちから対策をしておくことをお勧めします。

Googleマイビジネスを登録する際はNAP情報をはじめとした基本情報、店舗の魅力を伝える紹介文や写真を登録しましょう。

Googleマイビジネスは定期的に情報を更新することで、Googleからの評価が上がり上位表示につながりやすくなります。
投稿や情報の更新、口コミの返信は定期的に行い、上位表示させて集客につなげるために運用していきましょう。

この記事を参考にぜひMEO対策をしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

MEO TIMESを運営するsmart MEO

閉じる