昼と夜で違う業種のお店のGoogleマイビジネスの運用方法は?

昼と夜

昼と夜で別の業種を営んでいる二毛作ビジネスが浸透しつつあります。たとえば、夜はレストラン、昼は料理教室など、店舗を無駄なく回転させることで売上のアップにつながります。

では、昼と夜で別々のビジネスを行っている場合、Googleマイビジネスの登録はどうすればよいのでしょうか?

ここでは、昼と夜で別々のビジネスを行っているときのGoogleマイビジネスの登録の仕方を解説いたします。

カテゴリで分ける登録はおすすめできない

Googleマイビジネスにおいて業種を表すものとしてはカテゴリがあります。カテゴリは一つのビジネスに対して、メインカテゴリとサブカテゴリの2つ設定できます。

Googleマイビジネス カテゴリ入力

しかし、昼と夜で別のビジネスを行っている場合に、カテゴリを2つ設定するのはおすすめしません。理由は2つあります。

カテゴリによって登録できる属性が変わる

属性とは、お店が提供している便利なサービスや商品の情報を詳しくユーザーに伝える機能のことです。属性はGoogle検索、Googleマップで検索して表示されたリスティング(ビジネス情報)に表示されます。

Googleマイビジネス 属性設定

属性で設定できる情報は、お支払い方法(クレジットカード可、小切手利用など)、サービスオプション(テイクアウト、宅配など)、バリアフリー(車椅子対応、車椅子対応のトイレなど)など、多岐に渡ります。属性の設定や種類に関しては、Googleマイビジネスの属性を登録しよう!メリットと登録方法に詳しい解説があります。

実は、登録できる属性はカテゴリで設定した情報によって異なります。本来、登録した属性がリスティングに表示されるので、ビジネスに最適な属性を選択する必要があります。

リスティングに表示される属性はメインカテゴリのみ

ユーザーがGoogle検索やGoogleマップで検索をしたときに表示されるリスティングには、メインカテゴリのみが表示されます。

せっかくサブカテゴリを設定しても、ユーザーには表示されません。

 

Googleマイビジネス 渋谷カフェ

では、サブカテゴリに設定した業種で検索をした場合はどうなるのでしょうか? 検索した位置や競合にもよりますが、サブカテゴリのほうで検索結果に表示される可能性があります。

しかし、検索した業種をメインカテゴリに設定している店舗を優先的に検索結果に表示する可能性は高いため、カテゴリを2つ設定するのはおすすめできません。

おすすめは別ビジネスとして登録すること

昼と夜で違う業種の場合は、別ビジネスとして登録をすることがおすすめです。

ビジネスに合わせて最適なカテゴリを選択でき、属性も最適な属性をユーザーに表示させることができます。ユーザーがGoogle検索やGoogleマップで検索をした場合も、それぞれ最適な店舗のほうを表示させることができます。

ただし、同じ住所で複数のビジネスを登録する場合は、条件があります。

  • ビジネス名(看板)を別々にする
  • Webサイトはビジネスごとに別ドメインにする
  • 電話番号をビジネスごとに変える
  • 店舗コードをビジネスごとに設定する

以上の条件を満たしていないと、Googleから重複したビジネス情報と認識され、リスティングが重複してしまう可能性があります。

重複してしまった場合には、サポートへ連絡をしましょう。なお、同じ住所で複数のビジネスをしているときのGoogleマイビジネス対策方法で詳しく解説していますので、ご参照ください。

まとめ

以上が昼と夜で違う業種のお店はGoogleマイビジネスの運用方法です。基本的に別のビジネスとして登録することで、集客においてもユーザーの検索キーワードの意図に沿って適切なビジネスのほうを表示できるようになります。

もしなにか事情があり、別ビジネスで登録することができないのであれば、やはりカテゴリで設定をするという方法があります。カテゴリで設定をする場合は、属性の設定や、表示されるカテゴリ特徴などを考慮して、昼と夜のどちらのビジネスをメインにするのか決めましょう。集客の最大化を考えて決めることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

MEO TIMESを運営するsmart MEO

閉じる